パン末期症状



当店の1/100mmの精度で製作致しましたクランクセンター出しチェック用のシャフトを入れ左右に動かすとクランクケース鋳込んであるレースが0.3mmほど動いています。60年以上経過する初期パンのアルミの材質はスカスカになり使用期限切れ状態で御座います。パンのシリンダーヘッドに鋳込んであるヘッドボルトのネジブッシングもこれと同じ症状出ます。これはパンヘッドの末期症状で当店では修理する勇気はありません。

上にスクロール