神戸アムロナミエ



2005年で11回目を迎える『神戸アムロナミエ』は12月9日からですがすでに3日前から出来上がっているのは地元の方はご存じの筈ですが混雑した『神戸アムロナミエ』より誰もいないビトン沿いルミナリエほうが美しいのは昔トアエモアが誰もいない海を歌っていたのと同じで私は今の誰もいない深夜のビトン沿いルミナリエの方が断然COOLと思いますが世間一般の方は人混みに溢れる待つだ  けで1時間の『神戸アムロナミエ』を選びます。ハーレーカスタム界も同じでピカピカ派手派手のなんのセンスもなくただ高価なパーツと派手なペイントだけのカスタムバイクが昔から雑誌などで取り上げられもてはやされると同じですがナイスのカスタムはまだ始まっていない誰もいない大人のマニア専科を目指します。 母屁魅闇岡蛇

上にスクロール