2005.7.1

1965XLCH
ちょっとお茶目な1970年代の古き良きアメリカのお金の無い人バイク好きが製作しそうなB級カスタムチョッパーで御座います。当然のごとく高価なパーツは一切使用致しません。4角の思いっきり狭いナローなスプリンガーに18インチのブレーキ無しのスモールハブ、良く壊れてどうしよも無いイタリアンデザインアエロマッキハーレーのガスタンク、かぶってどうしようもないS&S Bキャブ、ナイスオリジナルショートアップスイープマフラー、ナイスオリジナル胸が族族バー、最新ナイスオリジナル男のテール亀頭テール、手縫い本皮赤糸ポッコリタックロールシート、フロント18インチリア18インチピレリーの細い細いタイア、で製作しました。
高級足廻りを組んで喜んでいるいる人、ハイテクハーレーで喜んでいる人、ハーレーに国産パーツを付けて喜んでいる人、古いハーレーに最新国産車の性能も求めている人、には理解出来ないバイクで御座います。
現車は写真よりコンパクトで卓球の愛ちゃんでも片手でラケットを振りながら乗れる大きさで、ヤマハビラーゴ250より小さいハーレーで御座います。
素人は大きなハーレーをより一層大きく見せたい、玄人は大きなハーレーをより一層小さく見せたいこの違いで御座います。
ジャンボカスタム撲滅委員会母屁魅闇岡蛇終身名誉監督

上にスクロール