2005.4.18

パンのロッカーのスタッドのクラックですが回りのアルミが数ミリしかないので少し強いトルクで締めるとこのような悲惨な事が起きます。ねじ心が無い人がショベル、パン、ナックルを修理するとただ壊すだけで世界文化財の大切なH-D純正パーツをあの世に送るだけで御座います。ねじ心は何年もの修理経験と失敗を重ねた結果で体で覚えますが整備学校の経験やマニュアル読んでいてもに何一つ覚える事は出来ません。なめる寸前のねじ締めトルク、割れる寸前のアルミや鉄の感覚あなたはわかりますか。
20年以上経ってもまだねじ心がわからないナイスのバイクは良く壊れると怒られっ放しの
母屁魅闇岡蛇

上にスクロール