2005.3.1

S&Sのキャブはハーレーによく似合うCOOLなキャブですが旧車や小排気量スポーツスターに付けて調子悪いと良くかぶるとぼやいている人はとても多いです。パンやナックルに付くH-D純正リンカートの内径は約35mm、750ccサイドバルブ用は27mm、ショベル純正ケイヒンキャブも36mmや38mm、しかしS&Sのキャブの内径は巨大40mm。この差はキャブ内の空気の流速にかなりの差が出ます。1340ccのエンジンや高圧縮エンジンなどは空気を吸うパワーも大きく40mmでもエンジンは調子良くプラグは良く焼けますがバルブ径の小さい旧車や小排気量スポーツスターなどは40mmではいくらセッティングしても調子は出ないのはあたり前田のクラッカー。昔の修理屋の人はよく知っていますが昭和40年代の日産プリンス6気筒G7エンジンのマニとヘッドの間についていましたトルク稼ぎ流速を早める口径を絞るインナースリーブが純正採用されていました。当店では40mmを32mmに変更するL用B用E用のS&S用インナースリーブを製作し流速を高め低回転でのトルクを高めベストな状態に近づけセッティング致します。この作業の逆の作業でハーレーを壊す為この世に生まれた人がよく行うポート拡大研磨や排気側に抵抗付け口径を絞る誰でも簡単に取付出来る便秘バルブなどの取付は一切行いません。
(参考資料インテークバルブ直径、ナックル43mm、パン45mm、WL41mm、883スポーツ44mm、ショベル1340cc50mm)

上にスクロール