2005.1.22

ハーレーのナックル用リヤフェンダー台湾製とH-D純正品違いです。
素人の方は鉄板の厚みが違うとか言う人もいますがフェンダー自体の厚みはほぼ同じでサイドのブレス自体の厚みが違いH-D純正は塗装無しの計算で測定しましたら4mmほどで台湾製は4,6mmで0,6mmほど厚いようです。
リベットも違うと素人の方は言いますが丸みは削ったり修正したりしてH-D純正のように加工するのは簡単です。
開く部分のヒンジ部分のリベットの間隔は8mmちかく違いますので一番判別しやすくH-D純正は約51mmほどで台湾製は約43mm。この間隔をH-D純正のように加工すると裏のヒンジの部分も作りなおさないといけませんので手間がかかりますが裏をみると判断出来ますのでこの部分までH-D純正と同じ様に修正するのは魔似亜の中の魔似亜です。
サイドのリブ幅もH-D純正は一定しプレスもラインもくっきりしていますが台湾製はプレスも甘くリブ幅も一定でないのでH-D純正の綺麗なラインを頭に焼き付いている人は一目でわかりますが魔似亜はパテなどで修正し純正に近づけています。台湾製をH-D純正と言って販売するのはよくない事ですが本物の魔似亜が真剣に手を加えると素人では判断できないほど純正に近づきます。
母屁魅闇岡蛇

上にスクロール