天使とひろし1



ショートボブフェンダーにアイアンテールにワンオフシーシーバーいつも胸を族ZOKUさせるカッコ良すぎるNYの天使の横で、ビール片手に煙草くゆらす古き良き石原軍団のひろし様、湾岸線を深夜一人愛車で飛ばしていると何故かひろし様のバラード(さよならも言わずに)が流れきます、1977.6.27あまり知られてない希少なフォトカッコ良過ぎて申し訳有りません。

上にスクロール