2004.5.23

第34回神戸祭りパレードが本日開催されましたが1980年代にあったような族族する暴走族がタクシーを数人でひっくり返し運転手の人が亡くなるような暴動的な神戸祭りでは無く今年もあたりさわりのない平凡な判子で押したような平和な祭りでありました。あの事件以来族族する改造車の摘発が非常に厳しくなりドアミラーやデュアルマフラーでさえ切符切られて族族する改造車が関西から消えて行き神崎川沿いのスクラップ屋にはハコスカ、ケンメリ、サバンナ、などのアメ車よりアメ車っぽい超COOLな改造車が数台山積みにされていました。デュアル、SOLEX、ワタナベ、モモステ、もゴミ山に散乱していました。今見れば涙溢れる風景です。今年のパレードはハーレーを壊す為にこの世に生まれて来た人種(バカバイカー)が雨でパレード走行できず無事ハーレーが一台もあの世行きにならなかったのが良かった救いの雨でした。パレード走行は空冷エンジンでは水冷エンジンのラジエター液が無いのと同じですがオイル交換するお金よりドレスアップパーツを選ぶバカバイカーにはわかりません。ナイスでは内燃機の気持ちがわからないバカバイカー撲滅キャンペーン常時実施中

上にスクロール