PAN 面研


40’s初期パンのヘッドはハーレーの中でも特によく歪んでこのヘッドは0.5mmほ­ど歪んでいます。
動画では歪み凹み部分がまだ残っているのがわかります。
据込みのヘッドを締め上げる鉄のネジボスもかなりせり出ています。
この面研作業無しで組み上げ­れば短命なエンジンとなります。
この作業は確実に固定出来るジグと精度良いチャックと整備行き届­いた大型旋盤が必要で御座います。
そしてヘッド面研した0.5mmシリンダースリーブ上部も研­磨必要となります。